生きてることがハプニング

アクセスカウンタ

zoom RSS 神戸の四国モタードフェスタ行ってきましたよ!

<<   作成日時 : 2018/03/21 23:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

合いも変わらずやることいっぱいでドタバタもがいてます(笑

先週末に神戸スポーツサーキットさんで開催された四国モタードフェスタにもPHANTOMからライダーを募ってお邪魔して来ました!

この四国のモタードイベントは去年も一度参加させていただいて凄く盛り上がって楽しいイベントでした!

三苫選手の今季Newマシンのテストも順調にいってましたよ!シランケド

PHANTOMから5名のライダーで参加させていただきました。

出発に少し手間取って名古屋を5時半ころの出発になりましたがワタクシの素晴らしいドライビングテクニックにより受付時間8時よりちょっと前には到着(汗

会場にはほぼ参加者は集結してたようでワタクシより後に来られた方はほぼ皆無…(汗

ただ会場では少しのんびりな感じ?で慌ただしくはなかったです。

これも四国モタードフェスタのいい意味での緩さなのかなぁっと感じました。

が、参加者の数が凄い!関西、四国盛り上がってんなぁって感じます。

午前中に練習走行1本、午後に1本、その後タイムアタック、ヒートレースといったスケジュールでした。

午前は一緒に行ったメンバーの別行動の送迎で潰れ練習は出来ませんでした。

お昼にはエキシビジョン的な救済物資運びレースも開催されまして。

ワタクシよせばいいのに参加する方向で。

予選の予選のジャンケン勝負に勝ってしまったものだから。

二つに分けた予選に出る事に。

流石に一度も乗った事の無いレーサーの冷え冷えのスリックでエキシビジョンは厳しいなぁと思ってたら四国のもとぼっちさんの一声『コレ使っていいよ!』・・・ 正に神!HIONDA EZ-9を貸して頂きました。

オートマだしセル付きだし足付き良いしで正に絶好のマシン!!!

っでここですでに疑問だらけ…ルールもあまりよくわからず、2つに分けた後攻だったのが救い。先発のクラスのレース内容をじっくり観察。

ピットロードに置いた各自のバイク横から10Mくらいのところにある組んでない段ボール箱を組み立てる→封筒に入った救援物資を確認→探して先ほど組んだ段ボールに納める→自分が移動に使うバイクに括り付ける→特設ロングダート付きコースを走る→ゴールで封筒の中身と段ボールの中身を確認!→フィニッシュ!といったエキシビジョンでした。

このレース何が凄いって、賞金が出るんです。それも¥50,000−も!

協賛が凄いですよね。

それを準備できた四国のHSKYさんも凄い!

っで等のワタクシ、予選でダート出るまで1位でした。・・・その後ターマックセクションの最終コーナー出たらレーサーとDRZにやられて3位でゴール!

なぜかEZ-9で決勝に!

括り付けるってのがまたミソで上手く括りつけられないと途中で救援物資落としまくるんです。

っで決勝!某有名ライダーからの助言でEZ-9では勝てん!決勝に残れなかったコンドーくんのKLXの方がいい!って・・・

乗った事も無いバイクでいざ!決勝へ!

予選の時から学習しました。固定用のガムテを右手に刺してちょっと出し気味・・・

50,000−がチラ付いてます。他の決勝参加者も目が三角に…

っでスタート!

サクサク段ボールを片手に封書開くとティッシュ!マスクとティッシュと戸惑いながら間違えず段ボールにIN!

っでバイクのところに行き用意したガムテをKLXのリアフェンダーにグルグルグル!

ここでちょっと問題が…後で説明します。

っでそんなことお構いなしでグルグルグル。

荷物を落としたら台無しなので余分にグルグルしましたよ。

ッでバイクに跨りレッツスタート!前には3台ほどスタートしたバイクが見えました。

超ロングな砂利ダートに入るが流石のKLX、久しぶりにバイクに乗る(去年の10月のSMJ以来)ワタクシがコケる気がしない安定ぶり!

サクサク前方のバイク達を抜きまして気が付いて振り返れば後ろと距離が離れてる・・・空気読めない?っと思われそうな距離。

ピットロードでは大勢の皆様の祝福のリアクション!もうほんと盛り上がってて嬉しかったです。

っでバイク降りたら関西の刺客によるタックルからの猛チャージ・・・

振りほどくまで少しかかりましたがちっさいおっさんでしたからあっさり…スマンカズシさん(匿名

っで事無き終えて1番で荷物運びました!

ほんと嬉しかったですよ。


っで主催のHSKYの社長様より優勝者のコメントを求められたので何か言ったと思いますが興奮していたので何話したか覚えてないです(笑

・・・がしかし!

少し経ったらなにやら上の方から物言いが付いたとか…

イマイチ状況が読めてませんが、どうやら荷物をバイクに固定する際に他の人間からのサポート…いわゆる手伝いがあったからルール違反だ!みたいな感じで。

確かにバイクに縛る際、バイクオーナーのコンドークンが横にいてテープをちぎって箱にぺたぺたしてました。

確かに荷物固定に手伝っていたように見えたのかもしれません。

ただ言いたいのはコンドークンが張ったテープは固定には何も役立ってませんでした。だって短く切り過ぎて荷物とバイクの固定には何も役立ってませんでしたから(笑

それに固定してスタートした時前に何人もライダー居ましたから。荷物固定の段階でかなりの手助けならば1番先に出ててもいいんですけどね。

でもバイクの横で手伝ってたのは間違いありませんのでそういったルールなら仕方ないですね。

でも最初のルール説明に一人でやりなさいって言う言葉はなかったように思います。

本来レスキュー支援の主旨ならばみんなで助け合ってが当たり前なのでは?

っでゴールして祝福モードの中、ワタクシがトップだった事に気に入らない上の方の圧力?とか思っちゃいますね。

元々貰ったところで主催者側の人間と言えばそうなのでまるっと貰うつもりもありませんでしたし。まぁそんなこと今更ですけどね。

何が言いたいかってその後その主催側のレスキューのジャムおじさんに似た方に『残念でした〜!』っと子供みたいに言われたのが一番哀しかったです。

結局、何がしたかったのかワタクシよくわかりませんでした。何のためにいざとなった時のレスキューの模擬練習を5万と言うお金をかけてレースにしたのか、このおじさんはなんでそんなことわざわざワタクシを見つけて言ったのか…

残念でなりません。

お金が欲しかったわけではありません。偽善でもありません。5万貰ってたらその5万、震災でまだまだ不憫な生活してる方に送ってあげたかったです。

このジャムおじさん、大事なイベントの中での紹介で結局声も小さく何が伝えたかったのかも分からずホント残念でした。

そんないろんな気持ちになったイベントになってしまいました。

ただ誤解して欲しくないのは主催のHSKYさんは凄くこういったイベントに努力されてます。この件についても凄く申し訳ないと謝って頂きました。

今後も続けて欲しいイベントだと思います。

こういったイベントには極力お手伝いしたいですし出来るだけ参加して盛り上げていきたいと思ってました。

ただ残念な気持ちもあります。

今後参加するかどうかは分かりません。

感情的な内容でスミマセン。何か書き留めておきたかったんで。

あっ午後のレースもちゃんと出ましたよ。

乗りなれない初めてのマシンに手古摺り、決勝中に1コーナーオーバーランで未使用のダートにがっつり入って行きましたとさ…(笑

とんとん相撲の様な形態で寝ちゃってる某カメラマン↓
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モタードのことなら何でもお任せ! C.G.Phantom OfficialWebsiteはこちら!
C.G.Phantom Official Website
神戸の四国モタードフェスタ行ってきましたよ! 生きてることがハプニング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる